コンテンツへスキップ
troy6
HISTORICAL

Troy : the Collar City

January – 2024 30 MINS READ

In the late 19th century, Troy, New York, became known as “Collar City,” a title earned from its status as a hub for the manufacturing of detachable collars. At that time, clean clothing symbolized social status, and detachable collars offered a practical, hygienic solution. Troy met this new demand, supplying products nationwide, significantly impacting its economy and employing thousands. This study explores how Troy achieved its fame through detachable collar manufacturing and its broader impact.
19世紀後半、ニューヨーク州のトロイは「カラーシティー」として知られるようになりました。これは、取り外し可能な襟の製造拠点としての地位から得られた称号です。当時、清潔な衣服は社会的地位を象徴し、取り外し可能な襟は実用的で衛生的な解決策を提供しました。トロイはこの新たな需要に応え、全国に製品を供給し、経済に大きな影響を与え、何千人もの人々を雇用しました。この研究は、取り外し可能な襟の製造を通じてトロイがどのように名声を得たか、そしてそのより広範な影響を探求しています。