コンテンツへスキップ
HISTORY

COLLAR

MAY – 2024 30 MINS READ
The shirt collar is the small protagonist in the world of fashion. At first glance, it might seem like a mere adornment around the neck. However, this little piece of fabric has cunningly fused functionality and aesthetic sense throughout its long history, playing a crucial role in determining the overall impression of a shirt. Since humans began wearing clothing, the collar has expressed the wearer’s status, profession, and even personality. Its shape and construction have evolved like a mirror reflecting the changing times and societies, from the majesty of royalty to the practicality of workers. Today, the fabric we casually wrap around our necks is a condensation of centuries of trial and error and humanity’s insatiable pursuit of comfort. The collar is a living history that narrates the evolution of fashion, a silent spokesperson conveying the wearer’s message. It is not just a part of the shirt, but a small yet significant entity that reflects our culture and individuality.
シャツの襟は、ファッションの世界における小さな主役です。一見すると単なる首周りの装飾に過ぎないかもしれません。しかし、この小さな布片は、長い歴史の中で機能性と美的感覚を巧みに融合させ、シャツ全体の印象を決定づける重要な役割を果たしてきました。人類が衣服を身につけ始めた時から、襟は着る人の地位や職業、そして個性までも表現してきました。その形状と仕立ては、王室の威厳から労働者の実用性まで、時代と社会の変遷を映し出す鏡のように変化してきたのです。今日私たちがさりげなく首に巻くこの布は、数世紀にわたる試行錯誤と、人間の快適さへの飽くなき追求が凝縮されています。襟はファッションの進化を物語る生きた歴史であり、着る人のメッセージを伝える声なき語り部でもあります。それは単なるシャツの一部ではなく、私たちの文化と個性を映し出す小さくて大きな存在なのです。
Beautiful collars 
The “collar” of a shirt refers to the fabric part that encircles the neck. Collars serve more than just a decorative purpose. Primarily, a collar adds a refined finish to the neckline, enhancing the overall style of the garment. It also plays a functional role by protecting the neckline from wear, tears, and stains that occur with regular use. Shirt collars are usually made by folding the fabric or attaching a separate piece, with designs ranging from simple to decorative. The shape and design of the collar are crucial elements in determining whether a shirt appears formal or casual.
c. 1300, coler, coller, “neck armor, gorget, something worn about the neck,” from Old French coler “neck, collar” (12c., Modern French collier), from Latin collare “necklace, band or chain for the neck,” from collum “the neck,” from PIE *kwol-o- “neck” (source also of Old Norse and Middle Dutch hals “neck”), literally “that on which the head turns,” from root *kwel- (1) “revolve, move round.”The spelling was re-Latinized in early modern English. From late 14c. as “border at the neck of a garment,” also “band put around the neck of a dog or other animal for purposes of restraint or identification.” From mid-15c. as “neck-band forming part of the harness of a horse or other draught-animal.learned lines. Cuff-links (also cufflinks) is from 1887. 
シャツの「カラー」とは、首周りを取り囲む布部分を指します。カラーは単なる装飾以上の役割を果たしています。主に、カラーは首周りに洗練された仕上がりを加え、衣服全体のスタイルを引き立てます。また、日常的な使用で生じる摩耗、裂け目、汚れから首周りを保護する機能的な役割も果たします。シャツのカラーは通常、布地を折り返すか別の布片を取り付けて作られ、シンプルなものから装飾的なものまでさまざまなデザインがあります。カラーの形状やデザインはシャツのフォーマル感やカジュアル感を左右する重要な要素です。
1300年頃、coler, collerとして「首の鎧、ゴルジェ(喉当て)、首に着けるもの」を意味し、12世紀の古フランス語coler「首、カラー」(現代フランス語collier)から派生しました。これはラテン語のcollare「ネックレス、首の帯や鎖」、collum「首」、およびPIE(原インド・ヨーロッパ語)kwol-o-「首」(頭が回転するもの)から派生したものです。これはkwel-(1)「回転する、動き回る」という語根からきています。このスペリングは初期近代英語で再びラテン語風にされました。14世紀後半からは「衣服の首回りの縁」や「犬や他の動物に制約や識別のために着ける首輪」を意味するようになりました。15世紀中頃からは「馬や他の家畜の引き具の一部としての首帯」を意味するようになりました。