コンテンツへスキップ
Close-up background of plaid with vignetting
TARTAN

Art Of Tartan

January – 2024 15 MINS READ
You are all likely familiar with the long history of tartan, but have you ever delved into its true origins and enduring appeal? What is it about this pattern and its colors that captivates us so? While some might consider certain aspects of tartan traditional or even old-fashioned, its significance and style continue to resonate, especially around this time of year. Welcome to a special feature in Highcollar Magazine, where we embark on a journey to uncover the fascinating truths behind tartan checks
皆さんはタータンの長い歴史についておそらくよくご存知でしょうが、その真の起源や持続する魅力について深く考えたことはありますか?このパターンやその色彩が私たちをどうしてそんなに魅了するのでしょうか?タータンの特定の側面を伝統的であったり時代遅れであったりと考える人もいるかもしれませんが、その意義やスタイルは特にこの時期になるといっそう響き渡ります。Highcollar Magazineの特別企画へようこそ。ここではタータンチェックの魅力的な真実を探る旅に出かけます。
TARTAN
Tartan, known in Scottish Gaelic as breacan [ˈpɾʲɛxkən], is a patterned fabric characterized by intersecting horizontal and vertical stripes in various colors, creating rectangular designs that range from simple to intricate. Initially made from woven wool, tartans are now produced using various materials. This fabric is closely linked with Scotland, evident in the tartan patterns typically found in Scottish kilts. The oldest known examples of tartan-like material, dating back around 3,000 years, were unearthed in Xinjiang, China.
In regions outside Scotland, tartan is often referred to as “plaid,” especially in North America. However, in Scotland, the term “plaid” specifically denotes a large piece of tartan cloth, wearable in various styles.
The creation of traditional tartan involves the use of pre-dyed threads in alternating colors, woven together in a matching warp and weft to form a simple 2/2 twill pattern. When observed closely, this pattern reveals short diagonal lines alternating at the intersections of different colors, which from a distance appear as new blended colors. The colored blocks repeat vertically and horizontally, forming a distinctive array of rectangles and lines known as a sett.
Originally, Scottish tartan was linked to the Highlands. Early versions were specific to local regions rather than any particular Scottish clan. Local weavers crafted these tartans to suit regional preferences, utilizing readily available natural dyes. The 1746 Dress Act, aimed at subduing warrior clans by banning Highland dress—a vital aspect of Gaelic Scottish culture—was repealed in 1782. Post-repeal, tartan ceased being the everyday attire for most Highlanders. However, tartan gained national symbolism when King George IV donned a tartan kilt during his 1822 visit to Scotland, a trend further popularized by Queen Victoria. This period saw a politically charged rise in “tartanry” and “Highlandism.”
The first known uniform tartan dates back to around 1713, with some indications of earlier militia use. It wasn’t until the early 19th century that specific patterns were designed for Scottish clans, with most traditional patterns established between 1815 and 1850. The Victorian era’s introduction of artificial dyes allowed for the cheap production of numerous patterns, leading to the mass production of tartan fashion fabrics, which evoked a nostalgic and increasingly aristocratic and profitable view of Scottish history.
Today, tartan transcends textiles, referring to the pattern itself across various mediums. Its use has spread beyond Scotland, particularly in countries influenced by Scottish culture. Nevertheless, tartan-style patterns have long existed in other cultures, such as Japan’s complex kōshi fabrics dating back to at least the 18th century, and Russia’s use of gold and silver threads in similar designs since the early 19th century. Tartan patterns are also seen in Maasai shúkà wraps, Bhutanese mathra weaving, and Indian madras cloth, each distinct from the Scottish variation.

タータン(スコットランド・ゲール語:ブレカン [ˈpɾʲɛxkən])は、複数の色で構成される水平および垂直の帯が交差する模様の布で、単純から複雑な長方形のデザインを形成します。もともとは織られたウールで作られたタータンは、現在ではさまざまな素材で製造されています。この布はスコットランドと密接に関連しており、スコットランドのキルトには典型的にタータンのパターンが見られます。タータン風の布の最も古いサンプルは約3,000年前のもので、中国の新疆で発見されました。

スコットランドの外では、タータンはしばしば「プレイド」と呼ばれます(特に北アメリカで)。しかし、スコットランドでは「プレイド」は大きなタータンの布のことで、いくつかの方法で着用できます。

伝統的なタータンは、交互に配置された色付き(事前に染色された)糸を使用しており、通常、一致する経糸と緯糸で織られ、シンプルな2/2ツイルパターンを形成します。近くで見ると、異なる色が交差する箇所で交互に短い斜めの線が形成され、遠くから見ると、元の色から新たに混ざった色のように見えます。これらの色のブロックは、縦横に繰り返し、セットとして知られる特徴的な長方形と線のパターンを作ります。

元々、スコットランドのタータンはハイランド地方に関連していました。初期のタータンは特定のスコットランドのクランに限定されているのではなく、地域特有のものでした。地元の織り手が地元の好みに合わせて、利用可能な天然染料を使用してこれらのタータンを製作しました。1746年のドレス法は、ゲール・スコットランド文化の重要な要素であるハイランドドレスを禁止することにより、戦士のクランを政府の管理下に置くことを試みました。この法律が1782年に撤回された後、タータンはもはや多くのハイランダーの日常着ではなくなりました。1822年にジョージ4世がスコットランド訪問時にタータンのキルトを着用した際、タータンはスコットランド全体の象徴的な国民衣装として広く採用され、その後ビクトリア女王によってさらに普及しました。この時期は「タータンリー」と「ハイランディズム」という政治的に色付けられた時代の始まりでした。

最初のユニフォームタータンは1713年頃に遡るとされていますが(それ以前の民兵の使用の証拠もあります)、特定のスコットランドのクラン向けのパターンが作られ始めたのは19世紀初頭でした。伝統的なもののほとんどは1815年から1850年の間に確立されました。ビクトリア時代の人工染料の発明により、多数のパターンが安価に製造されるようになり、大量生産されたタータンファッション生地は、郷愁を誘うとともに、ますます貴族的で利益をもたらすスコットランドの歴史観に適用されました。

今日では、タータンはテキスタイルに限定されることなく、様々な媒体に関わらずそのパターン自体を指す名前としても使用されています。タータンの使用はスコットランドの外に広がり、特にスコットランド文化の影響を受けた国々で見られます。しかし、タータンスタイルのパターンは他の文化でも何世紀にもわたって存在してきました。たとえば、日本では少なくとも18世紀に遡る複雑なコウシ生地、ロシアでは19世紀初頭から金銀糸を使用したデザイン、マサイのシュカラップ、ブータンのマスラ織り、インドのマドラス布などがあり、これらはスコットランド様式とは異なるタータンパターンでよく見られます。

Etymology and terminology 
The English and Scots term “tartan” may have originated from the French word “tiretaine,” referring to a type of linsey-woolsey fabric. Alternatively, it might derive from the Scottish Gaelic words “tarsainn” or “tarsuinn,” meaning ‘across’ or ‘crossing over’. Another theory suggests a French origin, with the word “tartarin” or “tartaryn” (recorded as “tartyn” in 1454), implying a cloth associated with Tartar styles. However, tartan is distinct from “tarlatan,” a term for a loosely woven muslin similar to cheesecloth. In usage, tartan serves as both a mass noun (e.g., “12 metres of tartan”) and a count noun (e.g., “12 different tartans”).
Historically, tartan referred to the type of weave rather than colored patterns. In the early 19th century, tartan cloth was sometimes described as “plain coloured … without pattern.” The patterned cloth from the Gaelic-speaking Scottish Highlands was known as “breacan,” meaning ‘many colours’. Over time, the terms tartan and breacan merged, both referring to the specific patterned style on cloth.These names originate from the Old Irish word “Goídel/Gaídel.” In Early Modern Irish, the terms were spelled “Gaoidheal” (singular) and “Gaoidheil/Gaoidhil” (plural). In contemporary Irish, these are spelled as “Gael” (singular) and “Gaeil” (plural). Scholar John T. Koch suggests that the Old Irish name was derived from an archaic Welsh term “Guoidel,” meaning “forest people,” “wild men,” or later, “warriors.” This term appears as a personal name in the Book of Llandaff. Its root is linked at the Proto-Celtic level with the Old Irish “fíad” meaning ‘wild,’ and is ultimately derived from the Proto-Indo-European *weidh-n-jo-. This Proto-Indo-European word is also the origin of “Fianna” and “Fenian.” In medieval Ireland, the term “Gaoidheal” was specifically used by bardic poets, who were the cultural elite, to refer to individuals claiming descent from the mythical Goídel Glas. Even the Gaelicized Normans born in Ireland, who spoke Irish and patronized Gaelic bardic poetry, like Gearóid Iarla, were labeled “Gall” (foreigner) by Gofraidh Fionn Ó Dálaigh, the then Chief Ollam of Ireland.
The design of a particular tartan is known as its “sett.” This pattern consists of lines at specified widths intersecting at right angles, blending into one another. The term “sett” can denote the minimal visual representation of the complete tartan pattern or its textual representation (as in a thread count). The ancient Greeks, notably Ptolemy in his 2nd-century work “Geographia,” identified a group known as the Iverni (Ιουερνοι in Greek) in southwest Ireland, possibly drawing from earlier sources. Scholars like T. F. O’Rahilly have linked the Iverni to the Érainn of Irish lore. The Érainn, who traced their lineage to a Milesian ancestor named Ailill Érann, were a dominant force in Ireland prior to the rise of Conn of the Hundred Battles and Mug Nuadat’s descendants. This group included clans like the Corcu Loígde and Dál Riata. Ancient Roman authors, such as Caesar, Pliny, and Tacitus, used the name “Ivernia” as a basis for “Hibernia.” The name “Hibernian” derives from this, although the Romans often referred to Ireland as Scotia, and its people as Scoti. In Ireland, the term “Éireannach” (Irish) acquired its contemporary political connotation as a primary identifier from the 17th century onwards. This is evident in the works of Geoffrey Keating, who proposed a Catholic alliance between the native Gaoidheal and Seanghaill (Normans) against the Nuaghail or Sacsanach (Protestant New English settlers).
Today, the term tartan has expanded beyond textiles to describe patterns on various media, including paper, plastics, packaging, and wall coverings.
In North America, “plaid” is commonly used interchangeably with tartan. The word “plaid,” originating from the Scottish Gaelic “plaide” meaning ‘blanket’, initially referred to any rectangular garment, often made of tartan, that could be worn in various ways. This included the belted plaid or “great kilt,” the arisaid (a large shawl turned into a dress), and different types of shoulder capes like the full plaid and fly plaid. Over time, the term plaid came to be associated directly with blankets. Historically, terms like “plaiding” or “pladding” were sometimes used to refer to tartan fabric.
語源

英語とスコットランド語の「タータン」という言葉は、フランス語の「tiretaine」(リンジー・ウールジー生地を意味する)から派生した可能性があります。他の仮説では、スコットランド・ゲール語の「tarsainn」または「tarsuinn」(「横切る」または「交差する」を意味する)から来ているとされています。さらに別の説では、1454年に「tartyn」として記録されたフランス語の「tartarin」または「tartaryn」(「タルタル人の布」という意味)から来ているとされています。しかし、タータンは「tarlatan」(チーズクロスに似た非常に緩い織りのムスリンを指す)という似たような言葉とは関連がありません。「タータン」は、量を示す名詞(例:「12メートルのタータン」)と数を示す名詞(例:「12種類の異なるタータン」)の両方として使われます。

元々、タータンは色付きのパターンを指すものではなく、織り方を指す言葉でした。1820年代まで、一部のタータン生地は「無地の…パターンなし」と記述されていたこともあります。ゲール語を話すスコットランド高地の模様付き布は「breacan」と呼ばれ、「多くの色」を意味していました。時間とともに、タータンとbreacanの意味が組み合わされ、特定のタイプの布の特定のパターンを指すようになりました。特定のタータンのパターンは、「sett」と呼ばれます。このパターンは、特定の幅の線が直角に交差し、互いに溶け込むことで構成されています。settは、完全なタータンパターンの最小限の視覚表現、またはその糸数によるテキスト表現(スレッドカウント)を指すことがあります。

現代では、タータンはテキスタイルに限定されず、紙、プラスチック、包装、壁紙など様々な媒体に現れるパターンを指す言葉として使われるようになりました。北米では、「plaid」は一般的にタータンを指す言葉として使われます。スコットランド・ゲール語の「plaide」(「毛布」を意味する)から派生したこの言葉は、もともとはタータンで作られたこともある任意の長方形の衣服を指していました。これには、ベルト付きプレイド(breacan féile)または「グレートキルト」、ドレスに変えることができる大きなショール「arisaid」(earasaid)、フルプレイドやフライプレイドなどの様々なタイプのショルダーケープが含まれていました。時間が経つにつれて、プレイドは毛布自体を指す言葉として使われるようになりました。かつては、「plaiding」や「pladding」という言葉がタータン生地を指すために使われることもありました。

Weaving construction
The Scottish Register of Tartans defines tartan as a design pattern consisting of at least two different solid-colored stripes, usually varying in size and proportion, that repeat in a specific sequence. The pattern, or sett, is typically symmetrical, meaning it repeats identically in all directions from two central points. In rarer asymmetric patterns, the color sequence repeats in blocks rather than alternating around pivots, but the warp (longitudinal threads) and weft (transverse threads) maintain the same size and color sequence.
Exploring further, traditional tartan fabric is tightly woven in a 2/2 twill weave of worsted wool. The weft (also known as woof or fill), is horizontally woven over and under two fixed vertical warp threads, shifting by one thread with each pass. This creates a staggered interaction where each warp thread crosses two weft threads, resulting in a distinctive 45-degree diagonal rib pattern where different colors intersect. When a weft thread crosses warp threads of the same color, it forms a solid color block on the tartan. In contrast, a weft thread crossing different colored warp threads creates an alternating pattern, which appears as a blended third color or halftone when viewed from a distance, akin to multicolor halftone printing or cross-hatched colored-pencil art. Therefore, a set of two base colors in a tartan produces three distinct colors, including one blend. This increases quadratically with the number of base colors used; for example, six base colors result in fifteen blends and twenty-one different perceived colors. Consequently, the more stripes and colors in a tartan, the more blended and subdued its pattern appears. Unlike simple checker or dicing patterns, such as a chessboard, no solid color in a tartan touches another solid color directly, only at their corners, creating a unique blend.
James D. Scarlett’s 2008 definition of a typical tartan pattern, while covering most traditional tartans, allows for some variations. He described the fundamental unit of a tartan pattern, known as the sett, as a square made up of several symmetrically arranged rectangles, both square and oblong, around a central square. Each element in this pattern appears four times, rotated at ninety-degree intervals, with their proportions defined by the widths of the stripes that create them.
In Scarlett’s description, the sequence of thread colors in a tartan (the minimal design or the “DNA of a tartan”) begins at an edge and typically reverses at specific points, known as pivot points. He used diagrams to illustrate the construction of a symmetric tartan, where the pattern reverses at these pivot points. However, in rarer asymmetric tartans, the pattern does not reverse but repeats at the pivot points. This type of pattern, sometimes called a cheek or cheeck pattern, is less common in traditional Scottish tartans but can be found in other weaving traditions, like the Indian madras. Additionally, some tartans might have different setts for the warp and weft, leading to differing thread counts, which is more typical in fabrics like madras cloth than in Scottish tartan.
スコットランドのタータン登録所は、タータン(デザイン)を次のように定義しています:タータンは、二つ以上の異なる単色のストライプが含まれ、通常はサイズや比率が異なるが、特定の順序で繰り返されるパターンです。緯糸(横方向の糸)の色の配列は、経糸(縦方向の糸)で同じ順序とサイズで繰り返されます。このようなパターン(またはセット)の大半は対称で、つまり二つの中心点から全ての方向に同じ色の順序と比率でパターンが繰り返されます。より珍しい非対称のパターンでは、色の配列が交互の中心点を囲むのではなくブロックとして繰り返されますが、経糸と緯糸のサイズと色の配列は同じままです。
さらに詳しく言うと、伝統的なタータン生地はウールの精練糸を使って密に2/2ツイル織りで織られています。緯糸(またはウーフまたはフィルとも呼ばれる)は、固定された垂直の経糸の上下に二つずつ織り込まれ、各パスで一本の糸がずれます。これにより、各経糸が二本の緯糸と交差する交互の相互作用が生まれ、異なる色が交差する場所で特徴的な45度の斜めのリブパターンが生じます。緯糸が同じ色の経糸と交差するとき、タータン上に単色のブロックが形成されます。対照的に、緯糸が異なる色の経糸と交差すると、二つの色の交互のパターンが生じ、これは遠くから見ると混合された第三の色またはハーフトーンのように見えます。これは多色のハーフトーン印刷や色鉛筆アートのクロスハッチングに似ています。したがって、タータンの二つの基本色は三つの異なる色を生み出し、一つのブレンドを含みます。これは使用される基本色の数とともに二次方程式で増加し、例えば六つの基本色は十五のブレンドと二十一の異なる認識される色を生み出します。その結果、タータンに含まれるストライプと色が多いほど、そのパターンはよりぼやけて落ち着いたものになります。チェスボードのような単純なチェッカーやダイシングパターンとは異なり、タータンの単色は他の単色に直接触れることはなく、ブレンドだけが生じます(単色は角で触れ合うことがあります)。
ジェームズ・D・スカーレットが2008年に提示した典型的なタータンパターンの定義は、伝統的なタータンの多くを網羅していますが、いくつかのバリエーションがあります。彼は、タータンパターンの基本単位であるセットを、中心の正方形の周りに対称的に配置されたいくつかの長方形、正方形と長方形の組み合わせで構成された正方形として説明しています。このパターンの各要素は4回現れ、90度の間隔で回転し、それらの比率はそれを作るストライプの幅によって決まります。
スカーレットの説明によると、タータンの糸の色の並び(最小限のデザインまたは「タータンのDNA」)は端から始まり、特定の点、いわゆるピボットポイントで通常は逆になります。彼は、ピボットポイントでパターンが逆になる典型的な対称タータンの構造を図解して説明しています。しかし、まれに非対称タータンでは、パターンはピボットポイントで逆にならず、単に繰り返されます。このタイプのパターンは、伝統的なスコットランドのタータンではあまり一般的ではなく、チークまたはチークパターンと呼ばれることもありますが、インドのマドラスなど他の織物伝統で見られます。さらに、一部のタータンは、綾糸と緯糸で異なるセットを持ち、異なる糸数になることがあり、これはスコットランドのタータンよりもマドラス布などの生地でより一般的です。