コンテンツへスキップ
I respect the many people involved in the shirt & textiles
The World’s 1st shirt website
スクリーンショット 2024-01-13 12.03.17
TARTAN

THE DÁL RIATA : TARTAN VOL.3

January – 2024 15 MINS READ
When I lived in Ireland, I often heard the words ‘Celtic’ and ‘Gaelic.’ At that time, I didn’t have much interest in ethnicity or culture, so I simply thought that they had beautiful patterns and a history. As I delved into the history of fabrics and patterns, I realized the significance of ethnic classification. This time, I conducted research on another ethnic group, the ‘Gaelic,’ which played a role in the origins of the Scottish people. Considering its connection to conflicts with the Picts and its contribution to the formation of the Kingdom of Alba, which ultimately leads to the clans of the Scottish people, this becomes a highly important field, differentiating the noble clans, in other words, the tartan patterns
アイルランドに住んでいた時、私はよく「ケルト」と「ゲール」という言葉を聞きました。その当時、私は民族や文化にあまり興味がなかったので、彼らが美しい模様や歴史を持っていると思うだけでした。生地や模様の歴史を研究していく中で、民族の分類が非常に重要であることに気付きました。今回は、スコットランド人の源となった別の民族である「ゲール」について調査しました。この民族はピクト人との争いを経てアルバ王国につながり、それがスコットランド人のクラン、言い換えれば「タータン模様の士族」の区別に繋がる非常に重要な分野です。
THE GAEL

The term “Gaelic” first appeared in English print in the 1770s, replacing the older term “Gathelik” which dates back to at least 1596. The word “Gael,” meaning a person belonging to the Gaelic race, was first recorded in 1810. Earlier in English, the term “Goidels” was used, especially after Edward Lhuyd’s research on Celtic languages, and this usage was further popularized in academic circles by John Rhys, the first Professor of Celtic at Oxford University, particularly through his work “Celtic Britain” published in 1882.

These names originate from the Old Irish word “Goídel/Gaídel.” In Early Modern Irish, the terms were spelled “Gaoidheal” (singular) and “Gaoidheil/Gaoidhil” (plural). In contemporary Irish, these are spelled as “Gael” (singular) and “Gaeil” (plural). Scholar John T. Koch suggests that the Old Irish name was derived from an archaic Welsh term “Guoidel,” meaning “forest people,” “wild men,” or later, “warriors.” This term appears as a personal name in the Book of Llandaff. Its root is linked at the Proto-Celtic level with the Old Irish “fíad” meaning ‘wild,’ and is ultimately derived from the Proto-Indo-European *weidh-n-jo-. This Proto-Indo-European word is also the origin of “Fianna” and “Fenian.”

In medieval Ireland, the term “Gaoidheal” was specifically used by bardic poets, who were the cultural elite, to refer to individuals claiming descent from the mythical Goídel Glas. Even the Gaelicized Normans born in Ireland, who spoke Irish and patronized Gaelic bardic poetry, like Gearóid Iarla, were labeled “Gall” (foreigner) by Gofraidh Fionn Ó Dálaigh, the then Chief Ollam of Ireland.

1770年代に英語で初めて記録された「Gaelic」という言葉は、1596年に遡る古い言葉「Gathelik」に取って代わったものです。「Gael」という言葉は、「ゲール人」と定義され、1810年に初めて印刷されました。エドワード・ルイドのケルト語に関する研究により、古い英語では「Goidels」という言葉が使われるようになり、この用語はオックスフォード大学の初代ケルト学教授であるジョン・ライスによる1882年の著作『Celtic Britain』によって学術界でさらに普及しました。

これらの名前は、古アイルランド語の「Goídel/Gaídel」という言葉に由来しています。初期近代アイルランド語では、「Gaoidheal」(単数形)および「Gaoidheil/Gaoidhil」(複数形)と綴られました。現代アイルランド語では、「Gael」(単数形)および「Gaeil」(複数形)と綴られます。学者のジョン・T・コッホによると、古アイルランド語の名前は、アーカイック・ウェルシュの「Guoidel」から借用されたもので、「森の民」「野生の人々」あるいは後に「戦士」という意味です。「Guoidel」はランダフの書に個人名として記録されています。この名前の根源は、古アイルランド語の「fíad」(野生)と関連し、プロト・インド・ヨーロッパ語の*weidh-n-jo-から最終的に派生しています。このプロト・インド・ヨーロッパ語の単語は、「Fianna」と「Fenian」の起源でもあります。

中世アイルランドでは、バーディック詩人たち(国の文化知識階級)は、「Gaoidheal」という用語を、神話上のGoídel Glasから血統を主張する人々に限定して使用しました。アイルランドで生まれ、アイルランド語を話し、ゲールのバーディック詩を後援したゲール化されたノルマン人であっても、例えばGearóid Iarlaのような人物は、当時のアイルランド首席オラムであるGofraidh Fionn Ó Dálaighによって「Gall」(外国人)と呼ばれていました。

The Gaels
The Gaels, sometimes pronounced as GAYLZ (/ɡeɪlz/), are an ethnolinguistic group native to Ireland, Scotland, and the Isle of Man. In Irish, they are referred to as “Na Gaeil” [n̪ˠə ˈɡeːlʲ], in Scottish Gaelic as “Na Gàidheil” [nə ˈkɛː.al], and in Manx as “Ny Gaeil” [nə ˈɡeːl]. They are closely linked to the Gaelic languages, which include Irish, Manx, and Scottish Gaelic, forming a branch of the Celtic languages.
The Gaelic language and culture originally originated in Ireland and later extended to Dál Riata in western Scotland. In ancient times, the Gaels engaged in trade with the Roman Empire and also conducted raids in Roman Britain. During the Middle Ages, Gaelic culture became predominant not only in Scotland but also in the Isle of Man. Some Gaelic settlements were established in Wales, and there was cultural influence through Celtic Christianity. During the Viking Age, a small number of Vikings raided and settled in Gaelic lands, eventually becoming known as the Norse-Gaels. In the 9th century, the merger of Dál Riata and Pictland formed the Gaelic Kingdom of Alba. Concurrently, Gaelic Ireland consisted of several kingdoms, often with a High King claiming lordship over them. In medieval Ireland, the term “Gaoidheal” was specifically used by bardic poets, who were the cultural elite, to refer to individuals claiming descent from the mythical Goídel Glas. Even the Gaelicized Normans born in Ireland, who spoke Irish and patronized Gaelic bardic poetry, like Gearóid Iarla, were labeled “Gall” (foreigner) by Gofraidh Fionn Ó Dálaigh, the then Chief Ollam of Ireland.
In the 12th century, Anglo-Normans conquered parts of Ireland, and parts of Scotland underwent Normanization. However, Gaelic culture remained resilient in Ireland, the Scottish Highlands, and Galloway. In the early 17th century, the remaining Gaelic kingdoms in Ireland came under English control. James VI and I sought to suppress Gaelic culture, beginning in the Scottish Highlands with repressive laws like the Statutes of Iona, and later in Ireland through the colonization of Gaelic lands with English and Scots-speaking Protestant settlers. Over the following centuries, the Gaelic language was suppressed and largely replaced by English. Nevertheless, it continues to be the primary language in Ireland’s Gaeltacht regions and Scotland’s Outer Hebrides. Modern descendants of the Gaels have dispersed throughout the British Isles, the Americas, and Australasia.
Traditional Gaelic society was organized into clans, each with its territory and leader (or chief), typically chosen through tanistry. The Gaels were originally pagans, worshipping multiple deities, venerating their ancestors, and believing in an Otherworld. They celebrated four annual festivals – Samhain, Imbolc, Beltane, and Lughnasa – which persisted into modern times. The Gaels maintained a robust oral tradition, often upheld by storytellers known as “shanachies.” The use of the Ogham alphabet began in the 4th century. The conversion of the Gaels to Christianity coincided with the introduction of the Roman alphabet. Irish mythology and Brehon law were preserved and documented by medieval Irish monasteries. Gaelic monasteries were renowned centers of learning and played a pivotal role in the development of Insular art; Gaelic missionaries and scholars exerted significant influence in Western Europe. During the Middle Ages, most Gaels lived in roundhouses and ringforts. The Gaels had their distinctive style of clothing, including the belted plaid and kilt. They also had unique music, dance, festivals, and sports. Gaelic culture remains a significant component of Irish, Scottish, and Manx culture to this day.
語源
ゲール人は、アイルランド、スコットランド、およびマン島に起源を持つ民族言語グループです。彼らはゲール語族に関連づけられ、アイルランド語、マンクス語、スコットランド・ゲール語などのゲール語を含むケルト語派の一部です。ゲール語と文化はもともとアイルランドに起源を持ち、後にはスコットランドの西部のダル・リアタに広まりました。古代には、ゲール人はローマ帝国と貿易をし、ローマ・ブリタンニアを襲撃したこともありました。中世には、ゲール文化がスコットランドとマン島の他の地域で優勢になりました。また、ウェールズにも一部のゲール人入植地があり、ケルトキリスト教を通じて文化的影響が及びました。バイキング時代には、一部のバイキングがゲール地域に侵略し、入植し、ノース・ゲールズ(ノルス・ゲールズ)として知られました。9世紀には、ダル・リアタとピクトランドが合併してゲール王国アルバが形成され、一方、ゲールのアイルランドは複数の王国で構成され、しばしば高王がその君主権を主張しました。
12世紀には、アングロ=ノルマン人がアイルランドの一部を征服し、スコットランドの一部がノルマン化しました。しかし、ゲール文化はアイルランド、スコットランドのハイランド地域、およびガロウェイ地域で強固なままでした。17世紀初頭には、アイルランドのゲール王国も英国の支配下に入りました。ジェームズ6世および1世は、ゲール文化を抑圧し、スコットランドのハイランド地域ではアイオナ法(アイオナ法令)などの抑圧的な法律を導入し、次にアイルランドではゲールの土地に英語とスコットランド語を話すプロテスタント入植者を配置することで文化の抹消を図りました。その後の数世紀にわたり、ゲール語は次第に英語に置き換えられましたが、アイルランドのゲールタハト地域とスコットランドのアウターヘブリディーズ地域では今もなお主要な言語として使用されています。現代のゲール人の子孫は、英国本土、アメリカ、オーストララシアに広がっています。 伝統的なゲール社会は、各地域ごとに領土と君主(または酋長)を持つ氏族によって組織されました。ゲール人はかつて多神教の信者であり、多くの神々を崇拝し、先祖を尊敬し、異界を信じていました。彼らの年中行事には、サウィン、インボルク、ベルテイン、ルーナサの4つの大祭りが含まれ、現代においても祝われています。ゲール人は強力な口承伝承を持ち、伝承者(シャナヒー)によって伝えられてきました。オガム文字の使用は4世紀に始まりました。ゲール人のキリスト教への改宗とともに、ローマ文字が導入されました。中世のアイルランドの修道院によってアイルランドの神話とブレホン法が保存され、記録されました。ゲールの修道院は学問の重要な拠点として知られ、インシュラー美術の発展に大きく貢献しました。ゲールの宣教師と学者は西ヨーロッパで非常に影響力がありました。中世には、ほとんどのゲール人が円形の家屋とリングフォートに住んでいました。ゲール人は独自の服装スタイルを持ち、それはベルテッド・プレイドとキルトなどが特徴でした。また、彼らは独自の音楽、ダンス、祭り、スポーツも持っていました。ゲール文化は現代でもアイルランド、スコットランド、マン島の文化の重要な要素の一部として存在しています。
What is the GAEL people?
GAEL

The term “Gaelic” first appeared in English print in the 1770s, replacing the older term “Gathelik” which dates back to at least 1596. The word “Gael,” meaning a person belonging to the Gaelic race, was first recorded in 1810. Earlier in English, the term “Goidels” was used, especially after Edward Lhuyd’s research on Celtic languages, and this usage was further popularized in academic circles by John Rhys, the first Professor of Celtic at Oxford University, particularly through his work “Celtic Britain” published in 1882.

These names originate from the Old Irish word “Goídel/Gaídel.” In Early Modern Irish, the terms were spelled “Gaoidheal” (singular) and “Gaoidheil/Gaoidhil” (plural). In contemporary Irish, these are spelled as “Gael” (singular) and “Gaeil” (plural). Scholar John T. Koch suggests that the Old Irish name was derived from an archaic Welsh term “Guoidel,” meaning “forest people,” “wild men,” or later, “warriors.” This term appears as a personal name in the Book of Llandaff. Its root is linked at the Proto-Celtic level with the Old Irish “fíad” meaning ‘wild,’ and is ultimately derived from the Proto-Indo-European *weidh-n-jo-. This Proto-Indo-European word is also the origin of “Fianna” and “Fenian.”

In medieval Ireland, the term “Gaoidheal” was specifically used by bardic poets, who were the cultural elite, to refer to individuals claiming descent from the mythical Goídel Glas. Even the Gaelicized Normans born in Ireland, who spoke Irish and patronized Gaelic bardic poetry, like Gearóid Iarla, were labeled “Gall” (foreigner) by Gofraidh Fionn Ó Dálaigh, the then Chief Ollam of Ireland.

IRISH GAEL
The term “Irish” has been in the English language since the 11th century, initially appearing as “Irisce.” This originated from the Old English “Iras,” meaning “inhabitant of Ireland,” and was influenced by the Old Norse term “irar.” Its root is believed to be the Old Irish “Ériu,” which comes from the Old Celtic “*Iveriu.” This term is likely linked to the Proto-Indo-European “*pi-wer-,” meaning “fertile.” Ériu is a goddess mentioned in the Lebor Gabála Érenn, depicted as a daughter of Ernmas from the Tuatha Dé Danann. She, along with her sisters Banba and Fódla, reportedly struck a deal with the Milesians to name Ireland after her.
The ancient Greeks, notably Ptolemy in his 2nd-century work “Geographia,” identified a group known as the Iverni (Ιουερνοι in Greek) in southwest Ireland, possibly drawing from earlier sources. Scholars like T. F. O’Rahilly have linked the Iverni to the Érainn of Irish lore. The Érainn, who traced their lineage to a Milesian ancestor named Ailill Érann, were a dominant force in Ireland prior to the rise of Conn of the Hundred Battles and Mug Nuadat’s descendants. This group included clans like the Corcu Loígde and Dál Riata. Ancient Roman authors, such as Caesar, Pliny, and Tacitus, used the name “Ivernia” as a basis for “Hibernia.”In medieval Ireland, the term “Gaoidheal” was specifically used by bardic poets, who were the cultural elite, to refer to individuals claiming descent from the mythical Goídel Glas. Even the Gaelicized Normans born in Ireland, who spoke Irish and patronized Gaelic bardic poetry, like Gearóid Iarla, were labeled “Gall” (foreigner) by Gofraidh Fionn Ó Dálaigh, the then Chief Ollam of Ireland.
The name “Hibernian” derives from this, although the Romans often referred to Ireland as Scotia, and its people as Scoti. In Ireland, the term “Éireannach” (Irish) acquired its contemporary political connotation as a primary identifier from the 17th century onwards. This is evident in the works of Geoffrey Keating, who proposed a Catholic alliance between the native Gaoidheal and Seanghaill (Normans) against the Nuaghail or Sacsanach (Protestant New English settlers).
SCOTS GAEL
The Scots Gaels, originating from the Dál Riata kingdom which spanned parts of western Scotland and northern Ireland, have a complex history. This history includes theories ranging from an invasion myth from Ireland to archaeological and linguistic evidence suggesting a pre-existing maritime community linked by the sea and separated from the rest of Scotland by the Scottish Highlands, also known as Druim Alban. A notable aspect of their genetic history is the spread of the M222 genotype within Scotland.
From the 5th to the 10th centuries, the region that would become Scotland was inhabited by various groups including the Gaels of Dál Riata, the Picts, Britons, Angles, and later the Vikings. The term “Scoti,” used by the Romans from the 4th century to describe the Gaels, is believed to mean “raider” or “pirate,” reflecting the Gaels’ maritime raids along Britain’s west coast. Despite the Dál Riata Gaels settling in Argyll in the 6th century, the term “Scots” was broadly applied to all Gaels, as evidenced in references to figures like Johannes Scotus Eriugena and Hiberno-Latin culture, and in the establishment of Schottenkloster (Scottish monasteries) by Irish Gaels in Germanic territories.
In their own language, the Gaels of northern Britain referred to themselves as “Albannaich,” and their kingdom as “Alba,” which emerged as a successor to both Dál Riata and Pictland. Germanic groups called the Gaels “Scottas,” and with the growing Anglo-Saxon influence in the royal court under Duncan II, the title “Rex Scottorum” (King of the Scots) became common, leading to the country being known as Scotland. This cultural shift was solidified under David I, who facilitated Norman ascendance, accentuating the Lowland-Highland divide. The Germanic-speaking population in Scotland initially called their language “Inglis,” but by the 16th century, they started referring to it as “Scots.” Conversely, Scottish Gaelic began to be called “Erse,” meaning “Irish.”
ゲール人とは何か?
ゲール人

1770年代に英語で初めて記録された「Gaelic」という言葉は、1596年に遡る古い言葉「Gathelik」に取って代わったものです。「Gael」という言葉は、「ゲール人」と定義され、1810年に初めて印刷されました。エドワード・ルイドのケルト語に関する研究により、古い英語では「Goidels」という言葉が使われるようになり、この用語はオックスフォード大学の初代ケルト学教授であるジョン・ライスによる1882年の著作『Celtic Britain』によって学術界でさらに普及しました。

これらの名前は、古アイルランド語の「Goídel/Gaídel」という言葉に由来しています。初期近代アイルランド語では、「Gaoidheal」(単数形)および「Gaoidheil/Gaoidhil」(複数形)と綴られました。現代アイルランド語では、「Gael」(単数形)および「Gaeil」(複数形)と綴られます。学者のジョン・T・コッホによると、古アイルランド語の名前は、アーカイック・ウェルシュの「Guoidel」から借用されたもので、「森の民」「野生の人々」あるいは後に「戦士」という意味です。「Guoidel」はランダフの書に個人名として記録されています。この名前の根源は、古アイルランド語の「fíad」(野生)と関連し、プロト・インド・ヨーロッパ語の*weidh-n-jo-から最終的に派生しています。このプロト・インド・ヨーロッパ語の単語は、「Fianna」と「Fenian」の起源でもあります。

中世アイルランドでは、バーディック詩人たち(国の文化知識階級)は、「Gaoidheal」という用語を、神話上のGoídel Glasから血統を主張する人々に限定して使用しました。アイルランドで生まれ、アイルランド語を話し、ゲールのバーディック詩を後援したゲール化されたノルマン人であっても、例えばGearóid Iarlaのような人物は、当時のアイルランド首席オラムであるGofraidh Fionn Ó Dálaighによって「Gall」(外国人)と呼ばれていました。

アイリッシュドゲール人

11世紀から英語に「アイリッシュ」という言葉が現れ、当初は「Irisce」という形で表されました。これは、アイルランドの住人を意味する古英語「Iras」に由来し、古ノルド語の「irar」の影響を受けています。その根源は、古アイルランド語の「Ériu」であり、これは古ケルト語の「*Iveriu」から来ています。この用語は、おそらく「肥沃な」を意味する原インド・ヨーロッパ語「*pi-wer-」に関連していると考えられています。Ériuは、レボル・ガバラ・エレンで言及される女神であり、トゥアハ・デ・ダナンのエルンマスの娘として描かれています。彼女は姉妹のバンバ、フォドラと共に、アイルランドを彼女の名前にちなんで名付けるためにミレジアン人と取引を行ったとされています。

古代ギリシャ人、特にプトレマイオスは彼の2世紀の著作「ジオグラフィア」で、アイルランド南西部にイヴェルニ(ギリシャ語でΙουερνοι)と呼ばれる集団を特定しました。これは以前の資料に基づいている可能性があります。学者たち、例えばT. F. O’Rahillyは、イヴェルニをアイルランド伝承のエラインと関連付けています。エラインは、エランという名のミレジアンの祖先に血統をたどる人々で、コン・オブ・ザ・ハンドレッド・バトルズやムグ・ヌアダットの子孫が台頭する前のアイルランドにおいて支配的な勢力でした。この集団には、コルク・ロイグデやダル・リアタなどの氏族が含まれていました。古代ローマの作家たち、例えばカエサル、プリニウス、タキトゥスは「イヴェルニア」という名前を基に「ハイベルニア」という名前を使用しました。

「ハイベルニアン」という名前はこれに由来しており、ローマ人はしばしばアイルランドをスコティアと呼び、その人々をスコティと呼びました。アイルランドでは、「エイレアナック」(アイリッシュ)という用語が17世紀以降、主要な識別子として現代の政治的な意味合いを持つようになりました。これは、ジェフリー・キーティングの著作で明らかであり、彼はネイティブのガオイデアルとションガール(ノルマン人)とのカトリック同盟を提案し、ヌアガイルまたはサクサナック(新しいプロテスタントのイングリッシュ入植者)に対抗することを提案しました。

スコッツゲール人

スコットゲール人は、西スコットランドと北アイルランドの一部を含むダルリアダ王国から派生しました。その起源については、アイルランドからの侵攻伝説や、海によって結ばれスコットランド高地(ドゥリム・アルバン)によって他のスコットランド地域から隔てられた先住の海洋州の存在を指摘する考古学的・言語学的な証拠など、様々な説があります。彼らの遺伝的な交流の一環として、スコットランド内でM222遺伝子型の伝播が見られます。

5世紀から10世紀にかけて、現在のスコットランド地域にはダルリアダのゲール人だけでなく、ピクト人、ブリトン人、アングル人、そして後にバイキングも居住していました。ローマ人は4世紀からゲール人をラテン語で「スコティ」と呼び始め、これはゲール人が英国の西海岸を襲撃していたことから「略奪者」または「海賊」を意味すると考えられています。6世紀にダルリアダのゲール人がアーガイルに定住したにも関わらず、「スコット」という用語はゲール人全般に適用されました。例えば、ヨハネス・スコトゥス・エリウゲナやヒベルノ・ラテン文化、またゲール人によってゲルマン地域に設立されたショッテンクロスター(スコットランド修道院)にもその用例が見られます。

北ブリテンのゲール人は自らを「アルバンナイヒ」と呼び、彼らの領域を「アルバ王国」と称しました。これはダルリアダとピクトランドの後継王国として設立されました。ゲルマン系の集団はゲール人を「スコッタス」と呼び、ダンカン2世の治世下で宮廷にアングロ・サクソンの影響が強まるにつれ、「レックス・スコトルム」(スコットの王)というラテン語の称号が使われるようになり、国はスコットランドとして知られるようになりました。この文化的な変化は、デイヴィッド1世の下で完全に定着し、彼はノルマン人の台頭を促し、ローランド・ハイランドの分断を進めました。スコットランドにおけるゲルマン語話者は、彼らの言語を「イングリス」と呼んでいましたが、16世紀になると「スコティス」(スコット語)と呼ぶようになりました。一方で、スコットランド・ゲール語は「アース」と呼ばれるようになり、これは「アイルランド語」を意味します。

GAEL or CELT ?
“Celt” and “Gael” are terms that refer to specific ethnic groups with a rich history, particularly in Europe.
CELT
The term “Celt” refers to a group of people who, in ancient times, inhabited a large part of Europe, extending from modern-day Turkey to Spain and the British Isles. The Celts were not a single people but a collection of various tribes sharing similar languages, cultural traits, and beliefs. They were known for their distinctive art, advanced ironworking, and complex social structures. The Celtic languages, part of the Indo-European language family, were widely spoken across Europe, and today, they are preserved in languages like Welsh, Irish, Scottish Gaelic, Breton, Cornish, and Manx. The study of Celtic culture and history is often referred to as Celtic studies.
GAEL
The term “Gael” specifically refers to the group of people who are part of the Gaelic branch of the Celtic family. They are primarily associated with Ireland, Scotland, and the Isle of Man. The Gaels speak Gaelic languages, such as Irish Gaelic, Scottish Gaelic, and Manx. Historically, the Gaels originated from Ireland and expanded to Scotland and the Isle of Man, influencing the culture and language in these regions. Gaelic culture is known for its rich folklore, traditional music, dance, and a distinct literary tradition. The Gaelic languages are still spoken today, though they are considered minority languages.
ゲール人とケルト人の違い 
ケルトとゲールは、しばしば混同されることがありますが、これらはヨーロッパの歴史と文化において異なる民族集団を指します。特に、最近の遺伝学的研究により、島ケルト(イギリス諸島のケルト人)と大陸ケルト(トルコや中央ヨーロッパのケルト人)の間にDNAの違いが明らかにされています。これにより、これらの集団が異なる歴史的経路を辿った可能性が示唆されています。
ケルト人
古代ヨーロッパの広範囲に分布していた多様な部族群を包括します。これには、現在のトルコからスペイン、そして英国諸島に至るまでのケルト人が含まれます。彼らは共通の言語、文化的特徴、信仰を持ち、独特の芸術、鉄加工技術、複雑な社会構造で知られていました。しかし、遺伝学的研究は、これらの地域のケルト人が必ずしも単一の祖先から直接派生したわけではないことを示唆しています。
ゲール人
ケルト族の中の特定の支族であり、主にアイルランド、スコットランド、マン島に関連しています。彼らは独自のゲール語を話し、豊かな民話、伝統的な音楽、ダンス、文学を持つ文化を形成しました。ゲール文化は、その言語と文学において特に独特であり、アイルランド、スコットランド、マン島の文化に深い影響を与えています。
Dál Riata
Dál Riata, also known as Dál Riada or Dalriada, was a Gaelic realm spanning the western coast of Scotland and the northeastern regions of Ireland, straddling the North Channel. In its 6th and 7th-century prime, it included present-day Argyll in Scotland and parts of County Antrim in Northern Ireland. This kingdom, after expanding its territories, eventually merged with the Gaelic Kingdom of Alba.
The kingdom was organized into four major kinship groups in Argyll, each led by their own chief: Cenél nGabráin in Kintyre, Cenél nÓengusa on Islay, Cenél Loairn in the Lorn district, and Cenél Comgaill in Cowal. Dunadd hillfort is believed to have been the capital, with other significant forts like Dunollie, Dunaverty, and Dunseverick. Central to Dál Riata was the Iona monastery, pivotal in spreading Celtic Christianity across northern Britain and fostering the development of insular art. Iona was a hub of scholarship, producing numerous vital manuscripts and reflecting the kingdom’s robust maritime culture and formidable naval fleet.
Legend credits the foundation of Dál Riata to King Fergus Mór in the 5th century. The kingdom’s zenith occurred under Áedán mac Gabráin (ruling from 574 to 608), marked by increased power and influence, naval ventures to Orkney and the Isle of Man, and military campaigns against the Brittonic kingdom of Strathclyde and the Anglian kingdom of Bernicia. However, its expansion was halted by King Æthelfrith of Bernicia at the Battle of Degsastan in 603. The reign of Domnall Brecc, ending in 642, saw devastating defeats in Ireland and Scotland, leading to Dál Riata becoming a vassal state of Northumbria. By 741, Pictish King Óengus I had subjugated Dál Riata, sparking debates about the kingdom’s fate from the late 8th century onwards. While some argue for no resurgence post-foreign rule, others note a revival under Áed Find (736–778), with claims of Dál Riata seizing control of Fortriu. Viking raids plagued the kingdom from 795, and a potential unification of Dál Riata and Pictish leadership emerged in the following century. Cináed mac Ailpín, or Kenneth MacAlpin, reportedly ruled Dál Riata before becoming the Pictish king in 843 after the Vikings defeated the Picts. This led to the eventual merger with Pictland, forming the Kingdom of Alba.
Latin texts often referred to Dál Riata’s inhabitants as “Scots” (Scoti), a term initially used by Roman and Greek historians for the Irish Gaels who raided and settled in Roman Britain, later encompassing all Gaels. This account refers to them as either Gaels or Dál Riatans.
List of kings of Dál Riata
This is a list of monarchs who ruled Dalriada or Dál Riata, most reigns we are unsure of, so some reigns will be represented by their death and next to that a possible reign. All reigns from 726 are most likely true except Alpín I, Eógan and Indrechtach which we do not know the reign of.
Prior to the Battle of Mag Rath

・Loarn (unknown death) (unknown) est.
・Fergus Mór (unknown death) (-501) est. (sometimes 496-499)
・Domangart Réti (unknown death) (501-507) est.
・Comgall (died c. 540) (507-540) est. (possibly 505-540)
・Gabrán (died c. 560) (540-560) est.
・Conall I (died c. 574) (560-574) est.
・Áedan (died c. 606) (574-606) est.
・Eochaid Buide (died c. 629) (606-629) est.
・Connad Cerr (died c. 629, before Eochaid) (-629) est.
・Domnall Brecc (died c. 642) (629-642) est.
・Ferchar (unknown death) (642-unknown) est. (before 654)

the Battle of Mag Rath
The Battle of Mag Rath, known in modern Irish as the Battle of Moira, was a significant battle in Irish history that took place in 637 AD. It was fought near the Woods of Killultagh, just outside the village of Moira in modern-day County Down, Northern Ireland. The battle was part of the wider conflict of Irish and Scottish history, involving the Gaelic Irish kingdoms, the Picts, and the Scots of Dál Riata.

・Size and Scale: It was one of the largest battles reported in early medieval Irish history, involving considerable forces on both sides. The Annals of Ulster and other contemporary sources provide vivid descriptions of the battle.

・Political Context: The battle was part of a larger power struggle for supremacy in Ireland. Domnall’s victory helped to solidify the dominance of the Uí Néill in the north of Ireland.

・Technology and Tactics: There are indications that the battle may have involved various military tactics and the use of newer technology, which could include the use of chariots and advanced weaponry.

The Battle of Mag Rath ended in a decisive victory for Domnall II and the forces of the northern Uí Néill. Congal Cláen was killed during the battle, which had significant repercussions for the political landscape of Ireland. The defeat weakened the position of the Ulaid and reinforced the dominance of the Uí Néill in the north.The historical sources on this battle, primarily the Irish annals, provide a mix of historical facts and legendary elements, which is common in early medieval histories. As such, while the battle is certainly a significant historical event, some details about it may be embellished or symbolic.
After the Battle of Mag Rath 

・Dúnchad I (died c. 654) (after 642-654) est.
・Conall Crandomna (died c. 660) (654-660) est.
・Domangart (died c. 660 ?) (660) est.
・Máel Dúin (died c. 689) (660-689) est.
・Domnall Donn (died c. 696) (689-696) est.
・Ferchar Fota (died c. 697) (696-697) est.
・Eochaid I (unknown death) (697?) est.
・Ainbcellach (deposed c. 698)
・Fiannamail (died 700) (698-700) est.
・Béc (died 707) (700-707) est.
・Dúnchad II (died 721) (707-721) est.
・Selbach (abdicated 723) (721-723) est.
・Dúngal (deposed 726) (723-726) est.
・Eochaid II (726-733)
・Muiredach (733-736)
・Alpín I (c. 736-unknown)
・Eógan (unknown-c. before 741)
・Indrechtach (died 741)

Pictish
From 736 to 750, the region of Dalriada might have been under the control of rulers who were likely of Pictish origin, although specific kings from this period are not documented post-741. Additionally, it’s plausible that Dalriada functioned as a vassal or subordinate state under the dominion of Pictish lords during this time.
After the 740s

・Áed Find (before 768-778)
・Fergus (778-781) (the second)
・Eochaid III (after 781)
・Donncoirce (died 792)
・Caustantín (king of the Picts from 792-820)

The identities of the kings who governed Dalriada between 792 and 805 remain unknown, although it is possible that Causatantín, during his reign as the king of the Picts, might have also ruled over Dalriada during this period.
After 805S

・Conall II (c. 805-807)
・Conall III (c. 807-811)
・Domnall (c. 811-835) 

Unknown

・Óengus (c. 820-834) – king of the Picts
・Alpín II (834???) – king of the Picts and Dalriada
・Cináed (834-858) – king of the Picts (later Dalriada) – disputed
・Áed (c. 835-839)
・Eóganán (837-839) – king of the Picts
・Alpín II (834???)
・Cináéd (as king of Dalriada) (843-858) – disputed

ダルリアタ、またはダルリアダ(Dalriada)としても知られるこの王国は、スコットランドの西海岸とアイルランド北東部を含むゲールの領域であり、ノースチャンネルの両側に位置していました。6世紀と7世紀の全盛期には、現在のスコットランドのアーガイルおよび北アイルランドのアントリム県の一部を範囲としていました。この王国は領土を拡大した後、最終的にアルバのゲール王国と合併しました。
アーガイルでは、4つの主要な部族または血族があり、それぞれに首長がいました。キンタイアに拠点を置くケネル・ガブライン、アイラ島に拠点を置くケネル・エンガサ、ローン地区の名前の由来となったケネル・ロアーン、コーウォール地区の名前の由来となったケネル・コンガイルがそれにあたります。ダンアッドの丘陵要塞がその首都であったとされ、他の重要な要塞にはダノリー、ダナヴァーティ、ダンセヴェリックが含まれていました。ダルリアタの重要な部分には、北ブリテンにおけるケルトキリスト教の普及と島ケルト美術の発展に重要な役割を果たしたアイオナの修道院がありました。アイオナは学問の中心地であり、多くの重要な写本を生み出し、この王国は強力な海洋文化と大規模な海軍艦隊を持っていました。
ダルリアタは5世紀に伝説の王ファーガス・モールによって創設されたと言われています。王国はアダン・マク・ガブラインの治世(574年から608年)に最盛期を迎え、力と影響力が増し、オークニー諸島やマン島への海軍遠征や、ストラスクライドのブリトン人王国やバーニシアのアングル人王国への攻撃を行いました。しかし、603年のデグサスタンの戦いでバーニシアの王エゼルフリスによってその拡大は抑えられました。642年に没したドナル・ブレクの治世中のアイルランドとスコットランドでの重大な敗北はダルリアタの「黄金時代」を終わらせ、一時期、ノーサンブリアの従属国となりました。730年代にはピクト人の王オエ ングス1世がダルリアタに対する遠征を行い、741年までにピクト人の宗主権下に置きました。8世紀後半からの王国の運命については意見が分かれています。一部の学者は、外国の支配(およそ637年から750年から760年)の長い期間の後にダルリアタの力が回復しなかったと見ていますが、他の者はアエド・フィンド(736年から778年)の下での回復を見ています。中には、ダルリアタがフォートリウの王位を奪ったと主張する人もいます。795年以降、ダルリアタでは断続的なバイキングの襲撃がありました。翌世紀には、ダルリアタとピクトの王冠が合併した可能性があります。一部の情報源では、キナード・マク・アルピン(ケネス・マカルピン)が843年にピクトの王になる前にダルリアタの王であったと言われています。これはバイキングによるピクト人の壊滅的な敗北の後のことでした。その後間もなく、ピクトランドと合併してアルバ王国を形成しました。
ラテン語の情報源は、ダルリアタの住民をしばしばスコット人(Scoti)と呼んでいました。これは元々、ローマとギリシャの作家がブリテンのローマ領土を襲撃し、植民地化したアイルランドのゲール人に使われた名前です。後には、アイルランド出身であれ他の場所出身であれ、ゲール人を指すようになりました。ここでは、彼らをゲール人またはダルリアタ人として言及しています。

ダール・リアタの王のリスト

これはダール・リアタ、またはダルリアダを統治した君主のリストです。ほとんどの統治期間については確実ではありませんので、いくつかの統治はその死亡年と可能な統治期間と共に示されています。726年以降の統治は、アルピン1世、エオガン、インドレハタッハの統治期間が不明である以外は、おそらく正しいでしょう。

マグ・ラスの戦い以前
・ロアーン(不明な死)(不明)推定
・ファーガス・モール(不明な死)(-501)推定(時に496-499)
・ドマンガート・レーティ(不明な死)(501-507)推定
・コムガル(紀元540年頃死去)(507-540)推定(場合によっては505-540)
・ガブラン(紀元560年頃死去)(540-560)推定
・コナル1世(紀元574年頃死去)(560-574)推定
・アエダン(紀元606年頃死去)(574-606)推定
・エオチャイド・ブイデ(紀元629年頃死去)(606-629)推定
・コナッド・ケル(エオチャイドより前に紀元629年頃死去)(-629)推定
・ドムナル・ブレック(紀元642年頃死去)(629-642)推定
・フェルチャー(不明な死)(642-不明)推定(654年前)

マグ・ラスの戦い
マグ・ラスの戦い、現代アイルランド語ではモイラの戦いとして知られているのは、637年に起こったアイルランドの歴史上重要な戦いです。この戦いは、現在の北アイルランド、ダウン県のモイラ村の近く、キルターの森で行われました。この戦いは、ゲール・アイルランド王国、ピクト人、ダール・リアタのスコット人を巻き込んだ、アイルランドとスコットランドの歴史における広範な対立の一部でした。

・規模:初期中世のアイルランド史に報告される中で最も大規模な戦闘の一つで、両側に多大な軍勢が参加しました。アルスター年代記などの同時代の資料がこの戦いの生々しい記述を提供しています。
・政治的文脈:この戦いはアイルランドの覇権をめぐる大きな力の闘争の一部でした。ドムナルの勝利は北部アイルランドでのユイ・ネールの支配を強化しました。
・技術と戦術:戦車の使用や進んだ武器など、様々な軍事戦術や新しい技術の使用が示唆されています。

マグ・ラスの戦いは、ドムナル2世と北部ユイ・ネールの軍にとって決定的な勝利で終わりました。コンガル・クレーンは戦いで死亡し、アイルランドの政治状況に重大な影響を与えました。この敗北はウラドの地位を弱め、北部でのユイ・ネールの優位を強化しました。この戦いに関する歴史的資料は、主にアイルランドの年代記で、歴史的事実と伝説的な要素が混ざっているのが一般的です。したがって、この戦いは確かに重要な歴史的事件ですが、その詳細には誇張や象徴的な要素が含まれているかもしれません。

マグ・ラスの戦いの後
・ダンチャド1世(紀元654年頃死去)(642年後-654年)推定
・コナル・クランドナ(紀元660年頃死去)(654-660)推定
・ドマンガート(紀元660年頃死去?)(660)推定
・マエル・ドゥイン(紀元689年頃死去)(660-689)推定
・ドムナル・ドン(紀元696年頃死去)(689-696)推定
・フェルチャー・フォタ(紀元697年頃死去)(696-697)推定
・エオチャイド1世(不明な死)(697?)推定
・アインベルラック(紀元698年頃廃位) ・フィアンナマイル(紀元700年死去)(698-700)推定
・ベック(紀元707年死去)(700-707)推定
・ダンチャド2世(紀元721年死去)(707-721)推定
・セルバッハ(紀元723年退位)(721-723)推定
・ドゥンガル(紀元726年廃位)(723-726)推定
・エオチャイド2世(726-733)
・ムイレダック(733-736)
・アルピン1世(約736-不明)
・エオガン(不明-紀元741年前)
・インドレハタッハ(紀元741年死去)

ピクト族 736年から750年まで、ダルリアダ地域はピクト族出身の統治者によって支配されていた可能性がありますが、この時期の特定の王については741年以降の文献に記録がありません。さらに、この時期にダルリアダがピクト族の領主の支配下で従属国または属州として機能していた可能性もあります。

740年代以降
・アエド・フィンド(768年前-778年)
・ファーガス(第2世)(778-781年)
・エオチャイド3世(781年後)
・ドンコイルチ(紀元792年死去)
・カウスタンティン(ピクト族の王、792-820年)

792年から805年の間にダール・リアタを統治した王の正体は不明ですが、ピクト族の王であるカウスタンティンがこの期間中にダール・リアタを支配していた可能性があります。

805年以降
・コナル2世(約805-807年)
・コナル3世(約807-811年)
・ドムナル(約811-835年)

不明
・オエングス(約820-834年) – ピクト族の王 ・アルピン2世(834年???) – ピクト族とダール・リアタの王
・キナード(834-858年) – ピクト族の王(後にダール・リアタ) – 議論あり
・アエド(約835-839年)
・エオガナン(837-839年) – ピクト族の王
・アルピン2世(834年???)
・キナード(ダール・リアタの王として)(843-858年) – 議論あり

THE PICTS : TARTAN Vol.2

December – 2023 15 MINS READ
Exploring the Hidden History and Culture of the Ancient Picts of Scotland: From the Meaning Behind Their Tattoos to Their Lost Language and Mysterious Stone Carvings – A Journey into the Lives, Beliefs, and Enigmatic Monuments and Art Left by the Picts. Unraveling Their Connections with the Celts and Their Conflicts with the Roman Empire, and Examining How the Legacy of the Picts Influences Modern Scotland. Understanding the entire formation of the Kingdom of Scotland is essential before discussing “tartan,” a symbol deeply intertwined with Scottish identity and heritage.
古代スコットランドの神秘的な部族、ピクト人の隠された歴史と文化の探求します。 刺青の意味から失われた言語、神秘的な石彫りまで、ピクト人の生活、信仰、そして彼らが遺した謎に満ちた遺跡と芸術の探求。ケルト人との関係とローマ帝国との抗争の歴史を解き明かし、ピクト人の遺産が現代スコットランドにどのように影響を与えているのかを考察します。この全体のスコットランド王国の成立を理解しておかないと”タータン”について我々は語ることはできません。